中古車にひとこと言いたい
*
ホーム > 育毛対策 > 悩むとハゲるというのは本当なのか

悩むとハゲるというのは本当なのか

悩むとハゲるっていわれますけれど、あれって本当なんでしょうか。実は結構当たってるんですよね。悩むってことはまあ、ストレス溜めてる事実とイコールなんですけど、そういう時には自律神経のうち交感神経の働きが強くなっているんですよね。この交感神経って、毛細血管を細くして血流を悪くしてしまう働きがあるんです。

ある意味、当然の話しなんですけど、毛細血管っていうのは髪の毛が生えている頭皮にもあるんです。で、ストレスで頭皮の血流が悪くなっちゃったら、髪の毛が伸びるのに必要な栄養が十分に行かなくなっちゃうんです。そして、髪の毛がうまい具合に育たなくて抜けてしまうんです。ずっとストレスを受けてる状態だとこの繰り返しですから、そりゃまあ最終的にはハゲちゃいますよね。

若ハゲで悩んでる人って、この悪循環に陥っちゃってるから困ったものなんです。もし髪の毛を増やしたいと思ってるなら、ストレスは溜めないように気を付けましょう。心穏やかに落ち着いた気持ちをキープできていれば、今度は副交感神経が優勢になって、血流が良くなりますよ。そうすれば頭皮に栄養が行くようになって、髪が生えてきてハゲで悩まなくても済むんです。

脱毛症にカロヤンガッシュが役立つ


関連記事

悩むとハゲるというのは本当なのか
悩むとハゲるっていわれますけれど、あれって本当なんでしょうか。実は結構当たってる...
抜け毛対策で育毛改善
髪の毛は見た目や身なりの命とも言います。見た目がはげていたら、若くても老けて見ら...